ニードルとレーザーの違い

施術台

違いを知ると自分にあった方法を選択できる

レーザーを使用した脱毛は最も一般的で効果の高さについても折り紙付きです。もともとレーザーは医療現場で広く普及していて、外科でも歯科でも治療に使用するのは普通です。そして美容皮膚科の脱毛コースでは、毛の除去効果がある専門のレーザーを使用します。照射による痛みは最新のレーザーならないに等しく、ちょっとあっても麻酔クリームを塗ることで軽減します。一瞬で広い範囲に効果があるため、毛量が多い人でも短時間で終わり、すべすべの肌に生まれ変わります。料金は安いとワンコインでレーザーのわき脱毛ができる病院もあるし、格安なサロンとさほど変わらないのも魅力です。さらにコラーゲンの生成を促す線維芽細胞を活性化させる美肌効果も得られることから、肌を綺麗にしたい目的でも使用できます。ただしレーザーの場合、白髪などの毛には効果が出にくいというデメリットがあります。また、色が極度に黒い人やもともと色素が濃い乳輪やデリケートゾーンなどは火傷のリスクがあるのでレーザーをあてることはできないです。そんな機械では脱毛できない毛や部位があったときに役立つのがニードル脱毛です。ニードル脱毛ならどんな毛でももれなく効果があり、肌が色黒でも関係なく脱毛できます。ただし全部の毛をニードルで脱毛すると膨大なお金と時間がかかるので、あくまでも仕上げ的な位置づけで使用するのが基本です。全身脱毛に成功した上級者のほとんどは、レーザーなどの機械とニードルを組み合わせて脱毛をしています。

Copyright© 2020 利用したいシーンに合わせて選べる脱毛の種類 All Rights Reserved.